三重建労とは

三建国保 組合員と家族の健康を守る組合独自の健康保険

images

組合員と家族の健康を守る組合独自の健康保険

建設業で働く私たちは、病気やケガで仕事ができなくなると、収入の道が絶たれてしまいます。
三重建労では、こうした同じ立場の仲間が集まって「三建国保」を運営し、組合員と家族の健康・くらしを守る取り組みを進めています。
※三建国保は、法人事業所、常時5人以上労働者のいる個人事業所の新規加入はできません。

毎月の保険料

25才未満 25才~30才 31才以上
6,500円 11,900円  労働者 16,100円
 一人親方 17,900円
 事業主・法人役員・設計士など
19,700円~28,700円
(世帯の所得で保険料が決まります

家族保険料 1人につき23才未満3,600円、23才以上4,800円
      (男子で扶養家族以外は12,000円、0才児は無料)
介護保険料 40才~64才の組合員・家族1人につき2,700円

給付内容

・傷病手当金 組合員が病気やケガで入院し仕事を休んだとき、休業1日目から1日につき5,000円、90日まで支給されます。

・出産育児一時金 1件420,000円

  • ・出産手当金 女性組合員が出産以後60日以内において仕事を休んだ時、1日につき5,000円が支給されます。

・葬祭費 組合員死亡100,000円、家族死亡70,000円

・健康診断 組合主催で、各支部でバス健診を実施します。組合員は無料で、家族は費用の一部を負担し受診できます。

・人間ドック 組合員が医療機関等で受診した場合、人間ドックには33,000円まで、脳ドックには20,000円まで補助します。
※健康診断と人間ドックの重複受診の場合は補助はありません。

☆下記の医療機関では「三建国保コース」が設定されており、組合員は窓口負担なしで受診できます。
ヨナハ総合病院(桑名市)、四日市羽津医療センター、四日市健診クリニック、山中胃腸科病院(四日市)、鈴鹿中央総合病院、鈴鹿回生病院、中京サテライトクリニック三重(鈴鹿市)、近畿健康管理センター(津市)、津生協病院、済生会松阪総合病院、松阪中央総合病院、花の丘病院(松阪市)、松阪市健診センターぴーす、岡波総合病院(伊賀市)、寺田病院(名張市)、伊勢総合病院、尾鷲総合病院

・インフルエンザ予防接種補助 小学生以下のお子さんに年1回分(上限3,000円)を補助。


※三建国保の組合員が加入する医療費共済については、共済制度のページをご覧ください。

PAGE TOP